路傍の虫たちと

 庄内発☆ちんとばし自然だより

オリンパスの12-50mmをマスターレンズに魚露目8号で撮影してみました。
4K60P、EXテレコンなし、最望遠で、ご覧のとおりのケラレなしです。

▲2017年3月26日撮影

最小絞りの22まで絞って感度は800。魚露目ではいつものことですが、せっかくの手ぶれ補正は余計ブレブレで使い物になりません。必ずオフにして撮影しましょう。
でも、アップした動画を見ると、この手ぶれ感は4K画面ではかなりキツイはず。必ずどこかに体を押し当てるか、ダメなら最低一脚は欲しいところでしょう。

それにしても、このOLYMPUSの12-50mmという名レンズ、ずいぶんと安くなっています。これはお買い得ですね


でも、このレンズ、GH5ではちょっと要注意です。写りは素晴らしいのですが、電動ズームが難アリです。動画撮影中に電動ズームを使いたいのですが動きがまずい。
4K60Pだとよく分かります。電動ズーム中、微妙にこまかく震えるんです。
マニュアルズームだと、何と表現したらよいのか、ズーム中細かいステップで、「思いっきりアウトフォーカス」と「合焦」を繰り返しているように見えます。
これはGH4の時から気づいていたのですが、GH5でも微妙ながら感じられます。だいぶ軽減しましたが、わずかに残っているという感じ。
液晶では気づきにくいので厄介です。とっても残念ですが・・・

でも、これは、もしかしたら自分のレンズだけの問題だったりして?

どうしたら4K60PとVFRの切換をスピーディーにできるか考えていましたが、カメラをさわっているうちに解決しました。

VFRの設定は常にオンにしておく
なんてことありません。ただそれだけでよかったのです。

4K60PではもともとVFRを選択できません。もしFHDで一度VFRの設定をオンに選択したとして、4K60Pに切り換えたときはVFRについては無視されるだけです。そして、ありがたいことに、再び解像度をFHDに切り換えると、前のVFRオンの設定は残っていて、すぐにスロー動画を撮影できるのです。ほぼ一発切換に近い方法が見つかりました。
ただし、撮影レートは24.98fpsや30fps(スロー効果100%)にリセットされますので、再び設定し直す必要があります。ここ要注意。



VFR撮影時のEXテレコンについて、気がついたことを書いてみます。
GH5は4KでもEXテレコンが使えますが、その場合は1.4倍まで。
ところが、フルHDなら2.7倍まで倍率が上がります。せっかくですからVFRではEXテレコンをじゃんじゃん使ってみたいですね。
ところが、すぐにMAXの180fpsではEXテレコンが使えないことに気づくでしょう。

最初気づいたときは、VFRではEXテレコンが全く使えないのかとチョーがっかりしてしまいました。
でも、ちょっとレートを下げてみるとEXテレコンが使える事がわかりました。180fpsで使えないのは残念ですが、まあよかった。
具体的には次の通りです。

FHD60Pでは120fps(スロー効果50%)まで
FHD30Pでは135fps(スロー効果22%)まで
FHD24Pでは144fps(スロー効果17%)まで

VFR(バリアブルフレームレート)撮影 撮影フレームは180fpsです。再生は24fps


画質は見慣れたFS700の240fpsと比べてどうでしょう。撮って出しの映像にスーパーを乗せただけの動画です。感度は800だったと思います。ノイジーなのはたぶんそのためでしょう。空を向けた時は確か200か400です。最初に液晶で見た時から色も濃くカリッとしていて、これはスゴイと思いました。でもパソコンで確認した時は、ちょっとだけ荒いかなあ、硬いかなとも感じました。といって悪いわけではありません。カメラの設定をちょっと調整してみるとよくなりそうです。

これで高速度カメラの選択肢がまた一つ増えました。あとは何を撮るかです。身近なところに新しい発見がゴロゴロ転がっているのですから。

FS700もRX100M4も、SONYはスローに簡単に切り替えられますが、GH5のVFRは切り替えに何ステップか必要です。
とっさにスローで撮ろうと思った時のためには、最短コースをよく把握しておかなくては。。。

あまりに手軽に4K60P撮影ができてしまって驚いています。
GH5の登場で、4K60P動画が一気にあたりまえになりそうな予感。

テキトーな撮影で何ですが、GH5の素晴らさを即行でお伝えしたくなりました。

注目の新機能フォーカストランジションも素晴らしい!
慣れと工夫が必要ですが、スピーディーにセッティングできると思います。

EXテレコンはもう少し倍率が欲しかったですが、無いよりはやはりあった方が嬉しい。Panasonic、ありがとう!
23インチFHDモニターでは正しく判断できませんが、画質は全く問題なさそうです。

そして手ぶれ補正。
SONYのハンディカメラのよく効くヤツなみに、バッチリ効いていると思います。
写真の方もOLYMPUSなみに効いていると思います。純正レンズ以外でもOKだし、今のところ不満なしです。

FS700+Shogun Infernoの絵と比べても、優劣つけられません。撮影の手軽さもいいし、色補正も無しにそのまま使えそうですし、GH5はホント素晴らしい!
プロの映像制作にも大きな衝撃となること間違いなしです。もはや使うレンズ次第で、レンズの善し悪しがモロ、画質に影響してきます。
コマ収差、色収差は動画の方がむしろ気になるもので、これから巷じゃGH5と組み合わせるレンズ選び・レンズ自慢で盛り上がりそうです。

機能が増えて、その機能をどうやって効率よく呼び出すか、それが自分には課題です。
ファンクションボタンやマイメニューをいかに駆使するかなんでしょうねえ。
スマホのアプリは相変わらず接続がスムーズにやれませんが・・・アプリの中自体はそれほど変わってはいないようですし・・・。本体を操作する方がやっぱり早い。アプリは遠隔撮影や防振目的で使うくらいでしょうか。

発売日、夜になってからGH5を受け取りました。
夕飯を食べながら、機体のGH5の機能をいろいろチェック・・・至福の時です

ボディ内手振れ補正はどうなっているの?
EXテレコン1.4倍はやはりこんなものか・・・  (追記:倍率のことです。2倍以上あると嬉しかった)
ジョグ操作でのフォーカスポイントの移動は便利!
ファンクションボタンをカスタマイズして・・・
VFRは180fpsにして・・・
4K6Kフォトはドライブダイアルの一つになって使いやすくなった!!
トランセンドのSDXCカード64GB (UHS-I U3)でどうやら4K60Pも撮影できそう
基本的にGH4で使っていたアクセサリーは使えそう
フォーカストランジションはちょっと使いにくいけど、やり方はわかった
OLYMPUSの60mmマクロでフォーカストランジションが使えた!!

遊んでいるうちに、いつのまにかえらい時間に。遊んでいる場合じゃないのになあ
そして、何気にいつも見るサイトをチェックしていたら、えらいニュースを見てしまいました。
続きを読む…