路傍の虫たちと

 庄内発☆ちんとばし自然だより

先日、近所にたくさんのホタルの光を見ることができましたので、FS700の4K60Pでテスト撮影に行きました。
レンズはキャノンの格安標準レンズ50mmF1.8、ISO感度は6400です。60Pでも思ったよりよく写りました。
実は、あとになって4K30Pや24Pという選択もあったと気づきました。更に明るく写ったはずなのは言うまでもありません。。。



S-Log2で収録してLutをあてようとしたのですが、はて?何故かそのまま使うのがよさそうです。ちょっと明るさを持ち上げただけでアップします。
しかし何故だろう? 結果オーライでいいのかな?

砂粒などでドーム状のトンネルを作るノミバッタです。砂粒をどうやって固めているのか動画を撮って謎を解いてやろうと思ったのですが、いったいどうなっているんでしょう? ますます分からなくなりました。


唾液に粘着性があるんだろうと思いますが、それにしても何だか妙な感じに砂粒がくっついていきます。何かマジックがありそうです。

ブユと共に、この時期山に入るときは要注意の昆虫がいます。サイズはブユの半分ほどもない、極小吸血昆虫、ヌカカです。小さいけれど、痒みはブユやヤブカに負けていません。吸血中から痒みを感じます。強い痒みにハッとして見ると、1mmほどの小さなヌカカがとまっているという感じです。人によってはひどく腫れることもあるようです。


吸血中の1匹を撮影中、別のヌカカが通り過ぎました。2匹は別種と思いますが、詳しくはわかりません。

13日に蛹化したアゲハが先ほどようやく羽化しました。実はここ数日、夜も灯りを点けてインターバル撮影につき合ってもらったりして、すっかり昼夜が分からなくなった可哀想な蛹でしたが、無事に終わって私もホッとしています。もちろん、GH5とFS700の4K動画撮影をやりました。無駄なカットが多いので、まとめるのに時間がかかりそうです。最近はHDD節約のため、不要カットをせっせと削除する事にしました。そうでないと、あっという間に1テラ2テラ消えてしまいます。余計な仕事が増えました。

まずは羽化直前の蛹の画像をアップします。

▲羽化30分以内の撮影、30枚から深度合成しています。


第511回「毒ヘビを狩る!田んぼの王者 タガメ」2017/6/25(日)午後7時30分~

実は私、この番組制作を1ヶ月とちょっと手伝ってきました。肝心のマムシを狩るシーンには関われず残念でしたが、タガメファンの1人として放映を楽しみにしています。
カマキリ先生には負けそうですが・・・
いよいよ次の日曜日放映です。ぜひご覧下さい。

(26日追記)
放送時間はちょうど鶴岡の子供たちとの観察会。久しぶりにすごい数のホタルに感動!
だいぶ遅れて録画を見ました。さて広い世代の「昆虫少年」たちを満足させる番組になりましたか。。。


▲先週に蛹化したアゲハの蛹です。深度合成して詳細を観察してみると、また新たに色々見えてきました。


脚や触覚になる部分は仕切り線が描かれたようになっています。これはどこが何になる部分か知りたくなります! 続きを読む…

糸掛けの翌日の夕方、アゲハは無事に蛹になりました。