キリギリス鳴く 音声同録スロー映像

やっとキリギリスのコーリングを撮影できました。野外ではブッシュの根ぎわを住みかにしていて、鳴き声はバッチリ聞こえているのにまるで姿が見えません。数年前に小諸で撮影したのは何だったのか・・・地域差で性格が違うのか、そういう日だったのか・・・・今年は庄内であらためてキリギリスの手強さに直面しました。

諦めて、飼育下での撮影です。といっても、飼育ケースの中ではなく、庭にセットした2.5Mテントケージの中に離しての半自然状態での撮影です。拍子抜けするくらい簡単に撮影できました。



FS700の2KRAW240fpsをSHOGUN INFERNOで収録。音声はSHOGUN INFERNOのアナログ入力による同録です。

私には意外だったのですが、高い音を出すツユムシよりずっと細かく翅をこすり合わせています。4倍スローでは全然足りず、10倍スローで見て聴いてちょうどいいくらいに思いました。

エゾツユムシ鳴く 音声同録スロー映像

エゾツユムシは主に夜に鳴きますが、昼間も何か刺激があると・・・なんでしょうか、しばらく鳴き交わしが起こる事があります。また、日没前の明るいうちから鳴き交わしが始まることも。
そんな夕方に始まった鳴き交わしで、ライトなしに動画に撮影することができました。スローで撮影できたのは初めてです。


FS700の2KRAW240fpsをSHOGUN INFERNOで収録。音声はSHOGUN INFERNOのアナログ入力による同録です。

翅を開く方向に擦れる音と閉じる方向に擦れる音は、音色もボリュームもかなり違うようです。閉じる方向はヤスリがより引っかかる形になっているのでしょう。それにしても閉じる直前に体を大きく揺するのは何故でしょう?

ツクツクボウシ鳴く 音声同録スロー映像

予想通り、いや予想以上に面白い動きが見えました。ツクツクボウシのお腹は前後に加えて上下の収縮もあるんですね! それであんな複雑な鳴き声が可能なのでしょう。(追記:というより、よく似たヒグラシのお腹の動きも前後の収縮、なんてものではなく、風船のように全体が膨らんだり縮んだりを繰り返しております。自分の映像を見て改めて気づきました)

スローにすると、同時に2つの旋律を奏でている事がはっきりと分かります。これって、結構スゴイ事じゃないかと思います。


FS700の2KRAW240fpsをSHOGUN INFERNOで収録。音声はSHOGUN INFERNOのアナログ入力による同録です。