シリーズカット方式

愛用のコメットのモノブロック、Twinkle-04FSは、高速閃光をウリにしているストロボ。シリーズカット方式という調光方式を使っていて、閃光時間で光量を調整する、小型のクリップオンストロボと同じ調光方法らしい。とはいっても閃光時間は最小1/64光量で1/13000と、小型のクリップオンには全然負けます。
その1/13000秒ですが、t0.1ではなく、t0.5のデータじゃないかと最近心配になっています。シリーズカット方式はt0.1とt0.5の差があまりないそうですけど、本当なんでしょうか。ミニルーターを使ったテスト撮影をやってみました。

閃光時間のt0.1、t0.5とは


▲COMET TWINKLE-04FS @1/64光量
モノブロックとしては優秀な方と思いますが、最近テストしているものと比較すると、ちょっぴり凹みます。

でも、まあ実際に虫を撮影してみると、そう悪いわけじゃなく、白バックでテントウムシを撮ってみるとこんな感じです↓








ボティはとまっていますが後ろ翅はブレます。ダメじゃないけど、もう一声欲しいですね。

このストロボのもう一つのウリは高速連写に対応していることで、15コマ/秒までいけます。上のテントウムシのカットは、その機能を活かして撮っています。うちのカメラではGH5の12コマ/秒が最高ですが、確かに余裕で、カメラのバッファの方が先に負けます。

ちなみに上の4枚は連続カットじゃありません。何シーンか撮影して、いいとこを並べたものです。

ストロボの高速閃光をチェック

Yongnuo YN560 Ⅲが届きました。いい機会ですので、手持ちの高速閃光ストロボを、まとめてテストしてみました。ミニルーターの先に新聞のチラシを貼り付け、高速回転させた状態を撮影しています。
閃光時間の計測とはいきませんが、自分的には面白い結果が出ました。


▲ SUNPAK auto 16R @1/256光量
HPやマニュアルの仕様に閃光時間1/60000秒とありますので、そう信じてちゃんとチェックしていませんでした。思っていたよりブレます。auto 22SRよりはちょっといいくらい、でしょうか。HPのデータはt0.1ではなくt0.5の計測値と想像します。確か、基本的にリングストロボって閃光時間は長めになってしまうと記憶しています。おかしいなあと思っていました。


▲ SUNPAK auto 22SR @1/16光量
HPのデータシートに1/20000秒と出ています。これまでもセンサーを使った昆虫の飛翔撮影に使っています。そこそこ止まりますが、今回のテストでは一番悪い結果でした。色味も暖色系に転んでいる感じがしますし、さすがに古いので、劣化しているのかもしれません。


▲ Yongnuo YN560 Ⅲ @1/128光量
届いたばかりの中国メーカーのストロボ。ちょっと触っただけですが、扱いやすくとても気に入りました。肝心の高速閃光についてはまずまずかな・・・auto 22SRよりは、ちょっとよさそうです。
こちらに報告されている通りなら、上2つのストロボも、だいたい1/20000秒あたりと思っていいでしょうか。


▲ Metz MECABLITZ 15MS-1 @1/64光量
これにはホント驚きました!他と比べてワンランク上の高速閃光です。もう完璧に止まっているんじゃないかと思いましたが、外周付近はやっぱりブレているのがわかります。買ってもう3年くらいになりますが、高速ストロボとして使ったことはなく、もったいないことでした。


▲ CANON MR-14EX Ⅱ @1/128光量
普段よく使うキャノンのマクロストロボも好結果でした・・・いつもオートで使っていますが、いざという時、これは戦力になります。

ブレてない?

ツマグロオオヨコバイのジャンプは意外に速く、今まで、手持ちで一番速いと思っていたストロボでもブレてしまいます。


メーカー公表のスペックでは1/256光量で閃光時間1/60000秒とあり、これぞ最速と思っていたのですが、t0.5の値だったということ?
あーー自分が欲しいのはt0.1の数値なのに。今まで1/20000秒だと思っていたサンパックの古いストロボも、なんだか怪しくなってきました。

ところが、実は手持ちのストロボにもっと速い閃光時間のストロボがあることに気づきました。

うんと細かく見るとわずかにブレているのですが、これだけとまった写真は初めてです。なーんと
でも、そのストロボはGN15で1/64光量で使ってこれで、ちょっと光量が少なすぎだし、もう一つ買うにはちょっと値が張るしで、なんか他に手がないんだろうか・・・

今更だけど、閃光時間の短いストロボをネットで調べてみました。
そして、どうやらあのYongnuoのストロボがその一つらしいことを知りました。実際に計測して1/23000秒とか出ているらしい・・・こちらはt0.1の数値だと思いたいです。
恐ろしく安価なストロボです。ダメもとで試してみることにしました。

ツマグロオオヨコバイのジャンプが止まってくれれば、自分としては最高です。

ナミテントウの飛翔

バッチリとまった飛翔写真は、やっぱり見ていて気持ちがいい。最近、ずいぶん久しぶりに Stephen Daltonと栗林さんの写真集を見ています。
中学生の頃、これは絶対自分には撮れないと思った写真でした。飛んでいる昆虫の、カタチが美しいと感激したのを思い出します。
30年以上経って、自分にも近い写真が撮れるようになりましたが、全然やれていないですね。ホント、全然ダメダメですよ。
ストロボはうんと安くなったというのに、デジタルでいくら失敗してもいい時代なのに・・・もっとマジメにやらんかい!

・・・と発奮して、また少し飛翔写真を撮っています。

ナミテントウ。明るく楽しい感じに撮れました。飛んでいるカタチも気に入ってます。

クマスズムシ鳴く 2K240fps / FS700 + SHOGUN INFERNO

クマスズムシの鳴き声の、不思議な響きの秘密が分かりました。スローで見て聞くと、翅の開く時と閉じる時で二つの違った音が発生しているのがわかります。開く動作は素早く、音もブンと短い音(10倍スロー音の印象)。そして閉じる動作でメインのコーーと長い音を発生させています。右翅のヤスリの歯が左右両方向にひっかりがあって摩擦振動を発生させることが想像できます。

二つの音が交互に繰り返されていますが、非常な高速な世界の出来事で、私たちの耳には分解できません。


FS700の2KRAW240fpsをSHOGUN INFERNOで収録。音声はSHOGUN INFERNOのアナログ入力による同録です。10倍スロー映像もリアル音声付きです。