ヒヨドリ

19、20日は山形に。
実家の庭の紅梅にヒヨドリが来ていたのを、二階ベランダより撮影。
距離は10mもないのだが、堂々としたもので、カメラを向けても驚く様子はなかった。
DSC_9228
4月20日 山形市 D200 Ai-S 300mm

木の新芽 3種

山の木々の芽吹き、3種。

まずはホオノキ。
冬芽は二枚の鱗片があわさってキャップ状になっていて、
新芽が開くときには、最初に、その鱗片が外れる。
まず2つに割れるようだ。
P4159993
4月15日 山形県鶴岡市 E-510 50mmマクロ+1.4xテレコン

こちらはタムシバ。
コブシのようだが、庄内の山腹に見られるものは、多くはタムシバらしい。
花はコブシほど密に咲かず、樹高も5m ほどにしかならないようだ。
(参考:若松多八郎著「庄内身じかな 野の花・山の花」)
P4159982
4月15日 山形県鶴岡市 E-510 50mmマクロ+1.4xテレコン

こちらはコシアブラ。
ちょうどこのくらいを天ぷらで食べると美味しい。
wikiで調べて「へ〜」と思ったのだが、
おたかぽっぽ(笹野一刀彫り)の材料に使われるんだそうだ。
同じ山形県内の話なのに、初耳であった。
P4159992
4月15日 山形県鶴岡市 E-510 50mmマクロ+1.4xテレコン

ヒサカキ

新潟あたりではギフチョウの産地に行くとよくこの花を見る。
庄内ではそう多くはないようだ。
P4160188
4月16日 山形県鶴岡市 E-510 14-42mm

花の香りはとても個性的。
P4160183
4月16日 山形県鶴岡市 E-510 50mmマクロ

海野さんが以前、「とんこつラーメンの匂い」と見事に表現された。
もうそれ以上のいい例えが思いつかない。私も使わせてもらおう。

ギフチョウ

先日とは別の場所でギフチョウを撮影。
園芸種のサクラに吸蜜にやってきた、まだ翅に傷のない新鮮な雌。
P4160151
4月16日 山形県鶴岡市 E-510 50mmマクロ+1.4xテレコン

交尾嚢をつけているのが見える。
P4160136
4月16日 山形県鶴岡市 E-510 50mmマクロ+1.4xテレコン

雪のとけ方で発生のタイミングが少しずつずれて、鶴岡市内を見てまわるだけでも、一ヶ月以上ギフチョウを撮影できる。

メインテーマは昆虫です。 写真!動画!自然音も!        庄内発自然だより